頭痛で病院に行く時は

片頭痛で病院を受診する女性

「輸入」とは、外国から物資などを日本に持ってくることを意味します。輸入は国単位で取引するというイメージを持っている方がほとんどだと思いますが、個人が輸入することもできるのです。eBayやアメリカのAmazonなどで買いものをして、外国から日本の住所に送ってもらうのは「個人輸入」です。個人輸入では、個人で使用する目的に限り許されています。ちなみに個人輸入でも1つのカテゴリの商品を一定数以上輸入した場合は関税が課されます。

インターネット社会が加速している昨今、個人輸入でさまざまなものが取引されているのです。その中には医薬品もあります。海外メーカーが製造している医薬品を、個人的に使用する目的で日本まで取り寄せる人が増えているのです。個人輸入では海外から日本に薬を送るため、日本国内では処方箋医薬品に分類される医薬品であっても、処方箋なしで購入することができます。また、日本では未認可の医薬品であっても、取り寄せることが可能です。

個人輸入は欲しい医薬品が日本では取り扱われていなかったり、時間がなくて病院を受診できないといった方にとって非常に便利ですが、外国語でメーカーとやりとりしなければいけないため、外国語がわからない方にとっては難しいでしょう。また、場合によっては面倒な輸入手続きも行うことになるかもしれません。そこで、海外医薬品の個人輸入を代行する通販サイトを利用することをお勧めします。

個人輸入代行は、購入者の代わりに業者がメーカーに発注してくれることです。購入者はただサイト内で欲しい医薬品を注文して代金を支払うだけで、あとは2週間ほどで薬が手元に届きます。値段も病院より格安で、送料も安いですし、場合によってはタダになります。

Copyright(c) 2018 マクサルト・ジェネリック通販|片頭痛持ちのあなたを癒したい All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com